クレジットカードの5大国際ブランド

クレジットカードの5大国際ブランド

クレジットカードには「5大国際ブランド」というものがあるのをご存じでしょうか?

クレジットカードを利用する大きなメリットの一つが、海外でも利用できるという点です。
海外旅行や仕事で海外へ行かれる方にとっては現金を使用しなくていいのでとても助かりますね。

国境を越えて世界中で使用できるクレジットカードの国際ブランドというものあり、その中でも「VISA」、「Master Card」、「JCB」、「AMEX(AMERICAN EXPRESS)」、「Diners Club」の5つのブランドを「5大国際ブランド」といいます。

今では日本国内にも多くのクレジットカード会社があり、私たちはいずれかを選んで利用することができます。
それらの国内ブランドのクレジットカードも、ほとんどがこの「5大国際ブランド」のいずれかと提携しているので、海外でも使用できるようになっています。

「5大国際ブランド」の中でも最も大きなシェアを誇っているのが「VISA」です。
海外に行く機会が無い方でも、この「VISA」のマークがついているクレジットカードを持っていたり、見たことがある方も多いと思います。

「VISA」は加盟店の数が世界で最も多いクレジットカードブランドで、日本国内はもちろんのこと世界中の大抵のお店で利用できます。

「VISA」に次いで加盟店数が多いのが「Master Card」です。
と言っても、「VISA」と「Master Card」はの加盟店数は同レベルなので、「Master Card」と提携しているクレジットカードも世界中の多くのお店で利用することができます。

その為、「VISA」と「Master Card」で「2大国際ブランド」とも呼ばれています。

日本国内で最も加盟店数が多いのが「JCB」というブランドです。
「5大国際ブランド」の中で唯一の日本発ブランドで、恐らく日本人であればだれもが聞いたことのある名前だと思います。

日本国内でも「JCB」のクレジットカードを使用できないお店も多少ありますが、日本国内で使用するだけであれば「JCB」ブランドのクレジットカードで何の問題もありません。
むしろ、日本人向けのサービスも充実しているので、「JCB」のクレジットカードをおすすめします。

ただ、海外に行くと「JCB」のクレジットカードを使えないお店も多いです。
主なターゲットが日本になるクレジットカードの為、日本人が多く訪れる国であれば使用できるお店も多いですが、
日本人があまり多くない地域へ行かれる方の場合には、「VISA」か「Master Card」のクレジットカードをおすすめします。

それにしても、「5大国際ブランド」の中で、4ブランドは大国アメリカの会社です。
その中で日本のクレジットカード会社が入っているのはすごいですね!

「AMEX(AMERICAN EXPRESS)」と「Diners Club」に関しては、他の3つのブランドとは一線を画すクレジットカードと考えて下さい。

この2つのブランドはお金持ちにとってのステータスのようなもので、プレミアムカードして知られています。
ホテルやレストランなどでの待遇が変わることもありますし、多くの人の憧れのクレジットカードとも言えます。

「AMEX(AMERICAN EXPRESS)」と「Diners Club」はステータスにこだわっているために、それに見合った高い水準のサービスを受けることができます。
その分、年会費も高額になるので、庶民が簡単に持つことはできないクレジットカードにもなります。

当然、この2ブランドはライバル関係にもあり、お互いに競い合っている面もあります。
どちらのブランドのクレジットカードを選べばいいのか迷われると思いますが、それぞれに特徴もあるので、ホームページなのでしっかりと違いを見極めて選ぶようにしましょう!

コメントを残す