「ブラックリストに登録される」とはどういうこと?

「ブラックリストに登録される」とはどういうこと?

クレジットに関する情報として「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
恐らく、一度は聞いたことがあるという方も多いと思いますが、実際に「ブラックリスト」というものは存在しません。

一般的に「ブラックリストに登録される」というのは、クレジットやローンなどの支払いを滞納した場合に、その情報が「信用情報機関」に登録されるてしまうことを指します。

もちろん、この「信用情報機関」も怪しい組織ではなく、消費者の信用情報を管理する組織です。
消費者がクレジットカードやローンなどを利用したい場合に、「信用情報機関」に加盟している金融機関などが、その消費者の信用情報を確認するために使用されます。

その為、支払いを長期滞納してしまうと、その情報も「信用情報機関」に登録されてしまいます。
長期滞納の記録があると、当然クレジットカード各会社にもその情報が共有されるので、クレジットカードの申し込みを行っても審査で落ちてしまいます。

もし、A社のクレジットカードの支払いを滞納しすぎて利用を止められてしまうと、「B社でクレジットカードを発行すればいいか」と気軽に考えていると痛い目を見るので気を付けて下さい。
滞納情報が共有されている以上は、B社でもクレジットカードはまず発行して貰えません。

この「ブラックリスト」の情報は永遠に残るわけではなく、一定期間経過すると削除されます。
例えば、有名な期間であればCICという信用情報機関がありますが、このCICの場合にはクレジットカードの滞納情報は5年間保有されます。
https://www.cic.co.jp/confidence/posession.html#anchor02

つまり、5年間はクレジットカードの発行が厳しくなりとても不便になります。
審査なしで発行して貰えるクレジットカード会社は存在しないので、支払いを滞納するようなことは必ず避けて下さい。
※ローンも同様で、まず審査に通ることはありません。

それでは、「ブラックリスト」に登録されると、一切クレジットカードを持てないかと言うと、そういう訳ではありません。

クレジットカードの場合には「家族カード」というものがありますが、この「家族カード」の場合には審査はありません。
その為、もし家族の誰かがクレジットカードを持っていれば、「家族カード」を利用するという方法もあります。

ただ、「家族カード」に対応していないクレジットカードもあるので、この方法も確実ではありません。

他には、クレジットカードではなく、「デビットカード」や「プリペイドカード」を利用するという方法もあります。
これらも審査はないので、「ブラックリスト」に登録されていても利用は可能です。

とは言え、やはり「ブラックリスト」に登録されているという状況は良くないので、支払いを滞納するということはないようにしましょう。

コメントを残す