クレジットカードに付帯されるキャッシング枠とは?

クレジットカードに付帯されるキャッシング枠とは?

クレジットカードを作る時に一緒に設定しておくと便利なのがキャッシング枠です。
一般的にクレジットカードを利用する際にはショッピング枠で買い物をしたり、食事をしたりします。

ただ、ショッピング枠だけだと、急に現金が必要になった場合には不便です。
その為、クレジットカードにキャッシング枠を設定しておくと、月末など急に現金が入用になった場合に便利です。

キャッシング枠は自動では設定されないので、必ずショッピング枠とは別に申し込む必要があります。

クレジットカードを発行する際に一緒に申し込むこともできますが、後から申し込んで設定することも可能です。

キャッシングの利用方法も、ATMから引き出すだけなので簡単です。

また、キャッシング機能は海外旅行でも非常に活躍します。

海外旅行ではショッピング枠を使用してお買い物をすることが多いですが、地域によってはまだまだ現金での支払いが必須のお店も多いです。
その場合には、海外にもATMが設定されているので、現金が必要になった場合にはとても便利です。

もし、クレジットカードにキャッシング枠を付けていない場合には、海外旅行に行く前に申し込んで設定しておくことをおすすめします。

ただ、キャッシングも借金になります。
その為、返済時には利息がかかってます。

利息はクレジットカード会社によって異なりますが、相場としては15%前後くらいです。
その為、便利ですが、使い過ぎには注意が必要です。

使い過ぎが恐い場合には、敢えてキャッシング枠を低めに設定しておくことをおすすめします。

因みに、キャッシングというのは、ざっくりというと「お金を借りる」ということです。
一般的には、上記で説明したクレジットカード付帯のキャッシング機能と、もう一つ、消費者金融や銀行が発行するカードローンもあります。

そこは混同しないようにして下さい。
「お金を借りる」という点では同じですが、カードローンはキャッシング専用のカードです。
クレジットカードのようにショッピング枠はないので、ただお金を借りるためだけのカードが必要な場合にはカードローンもおすすめです。

コメントを残す