学生には「学生専用カード」か「家族カード」がおすすめ!

学生には「学生専用カード」か「家族カード」がおすすめ!

学生がクレジットカードを持つには?

学生でもクレジットカードの審査に通るの?

もちろん、学生でもクレジットカードを持つことはできます。
ただ、通常のクレジットカードの場合には、発行するのに「安定した収入があること」が条件になることが多いです。

その為、社会人と比べると学生が作れるクレジットカードの選択肢は少なくなりますし、審査に通ったとしても利用上限額も低くなります。

そこで、学生がクレジットカード持つ場合には、「学生専用カード」か「家族カード」をおすすめします。

学生には「学生専用カード」か「家族カード」をおすすめ

「学生専用カード」とは?

「学生専用カード」とは、そのままですが学生専用のクレジットカードです。

クレジットカードの発行になるので審査はあります。
ただ、審査対象が親になることが多いので、親に安定した収入があれば、学生自身には収入が無くても作ることができます。

もちろん、携帯電話料金を長期間滞納したり、借金がある、金銭にまつわる何かしらの返済トラブルを起こしていると、審査に落ちる可能性は高くなります。
社会人のような返済能力を求められてはいないですが、審査が緩くなることはないので気を付けて下さい。

また、「学生専用カード」の場合には、利用限度額が10~30万円に設定されていることが多く、急に多額のお金が必要になった場合には対応できません。
とは言え、一般的に学生がクレジットカードを使って大金をキャッシングしたり、高価な買い物をすることは少ないので、問題ないとは思います。

それと、「学生専用カード」は社会人になると持てなくなります。
ただ、一般のカードへの切り替えの案内が来る場合も多いので、社会人になればそちらへ切り替えるようにしましょう。

「学生専用カード」の中にも、初期費用無料のモノも多いですし、海外旅行保険付帯カードや学生向けの特典が付いているクレジットカードも多いです。

例えば、海外旅行へ良く行かれる方であれば、海外旅行保険が付いていると便利ですよね。
そのような感じで、自身に合ったクレジットカードを作るようにしましょう。

他にも、ポイントシステムや年会費についてもしっかりと調べて下さい。
年会費無料の場合も多いですが、念のために事前に調べておくことをおすすめします。

「家族カード」とは?

「家族カード」というのは、家族が既にクレジットカードを持っている持っている場合に、その家族が持てるクレジットカードになります。

元々クレジットカードを持っている家族を「本会員」と言いますが、本会員の信用度を担保にしているために審査は不要で発行できます。

本会員とは別に年会費などが掛かる場合もありますが、本会員のステータスをそのまま利用できます。
その為、「学生専用カード」よりも利用限度額を高く設定できます。

東京のような都心部で生活していると、家賃・食費・光熱費・遊興費などを合わせると、毎月の生活費が10万円以上になることも珍しくはありません。
もし、全ての生活費をクレジットカード払いにする場合には「学生専用カード」では足りない場合もあるので、「家族カード」をおすすめします。

最後に

学生には「学生専用カード」か「家族カード」をおすすめします。
ただ、学生でも発行できる一般のクレジットカードもありますし、若年層を対象にしたクレジットカードであれば学生でも審査に通り易いです。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、しっかりとチェックして自分に合ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

今の時代、ネットショッピングなどでクレジットカードがないと不便な場面は多々あります。
学生でも1枚はクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

コメントを残す